3dプリンターは、3Dデータを作成しておく事で、自在にプリンターで立体物を作る事が出来ます。立体物は、モックアップとして使ったり、金型として使ったりする事が可能になります。金型は、樹脂金型とダイカスト金型が強度面で対応しており、近年では、工作機械メーカーから金型を生成するのが目的の3dプリンターが発売されています。将来的には、この金型を3dプリンターで作成して、生産期間を短縮するといった事も考えられており、一部の企業では実際に活用し始めています。3dプリンターは、製品開発の現場で最大限に力を発揮してくれる事になるでしょう。モックアップや金型を作成する時間の短縮は、生産工程における時間の使い方を改善する事が期待されています。効率的にアイデアを製品にしていく可能性を秘めています。

金型を作る事が出来る3dプリンターの選び方

3dプリンターを選ぶには、どのような物を作るのかを予め考えておく事が必要です。モックアップであれば、3Dデータがあれば、直ぐに作る事が可能ですが、金型の場合、その型で複数の製品を作るだけの耐久性があるのかといった事を知っておかなければいけません。樹脂金型やダイカスト金型は、一般的に使われている手法ですので、製品作りに役立てる事が可能です。3dプリンターは、性能と価格のバランスが取れている物を選ぶ方が良いです。20万円ぐらいで購入する事が可能ですが、基本的に簡単なモックアップを作成する程度の性能となっています。より高度で精細な立体物を作りたい時には、高性能モデルを導入した方が効率的であり、仕上がりも良くなってきます。作る物によって、プリンター選びをする事が大切です。

生産現場における生産効率を高める為のツール

3dプリンターは、生産現場における生産効率を高める為のツールとなってきています。プリンターを使う事で、今までの工程を見直す切っ掛けにもなり、3dプリンターを生産効率を引き上げる為のツールとして活用していく事が出来ます。3dプリンターに求められるのは、精度の高い立体物の生成です。製品開発では、完成品に近い物を立体物として作っておく事で、最終的な製品のイメージがしやすくなります。生産現場で活用していく事で、最終的な製品の完成に行き着くまでの工程をスムーズにする事が出来るようになってきます。工程の見直しなどを図る事で、製品のメリットやデメリットを洗い出し、完成度を高めていく事が可能です。プリンターは多くのメーカーから発売されていますので、企業の用途にマッチした製品選びが重要です。

金属3Dプリンター8台保有。 弊社では保有しているプリンターで受託製造もしています。 3Dプリンターの実績事例も紹介していますのでぜひサイトをご覧ください。 ものづくりはさらなる発展をむかえようとしています。 東急田園都市線 梶が谷駅より徒歩7分。駐車スペースもございます。 2015年全世界のトップに選出されました。 3dプリンターの金型なら|SOLIZE Products