3dプリンターは日々進化をしていて、今では金型を製造できるようなものも出てきています。金型を3dプリンターで作れるようになると、多種多様な形状を作ることが出来るようになったり、経費を御幅に削減することが出来るようにもなるというようなメリットがあります。また、形状などのデータを持つことが出来るようになり、これを変更修正するということも簡単に出来るようになるというのも大きな魅力です。現代の多品種少量生産においては、3dプリンターで作りたいものをそのまま作ることが出来るというのは大きなメリットとなるといえるでしょう。精度も高いものがつくれて、問題があった時などの解析も簡単に出来るようになるので、保全や改善ということも考えて作れるようになります。

金型にかかる経費を大幅に削減できる

3dプリンターで金型を作ることのメリットは金型にかかる経費を大きな削減することが出来ることがあります。何故3dプリンターだと経費が削減できるのかというと、汎用性が大きいからです。金型は大量生産に向く半面で、多品種少量生産にはなかなか向きませんが、近年では多品種少量生産が求められることが多くなっています。ということは、いろいろな種類の金型が必要になります。3dプリンターならデータの変更だけで多様な金型を作ることが出来るので、この生産方式にむいていることになります。制作にかかる時間も削減することが出来るので経費も削減することが出来るようになるわけです。しかも、多様な形状に対応することが出来るので、部品を生産することも可能ですし完成品の金型を作ることも出来て、これによって組み立ての工程などもなくすることができます。

その他の3dプリンターのメリット

3dプリンターで金型を作れば経費が削減できるということだけではなく、その他にもメリットが多くあります。例えば金型の形状をデータで持つことが出来るようになるので、これによっていろいろな分析が可能になります。熱による変形をデータ解析したり、応力分析ということも簡単に出来るようになります。しかも、金型の最も大切な精度についても3dプリンターはかなり高精度のものを作ることが出来るようになるということもあります。これまでの金型では手で調整が必要となることも多くありましたが、3dプリンターではこうした手での調整というものも減らすことが出来ます。金型の形状を多様に作ることが出来るので、これまでの金型では作れなかったような形状を作ることが出来るようになるというのも大きなメリットです。