3dプリンターは近年積極的に使われるようになってきた技術です。製造業の中には金型を製造して試作品を作らなくてはならない業種がたくさんありますが、そのような業界において3dプリンターが大きな活躍を見せるようになってきています。3dプリンターの技術的な進歩がそのような活用を現実的に可能なものに変えてきたのです。かつての3dプリンターの技術ではとても利用することが出来なかった範囲の仕事も3dプリンターの仕事に置き換えることが出来るようになってきたため、様々な作業のコスト削減にも大きく寄与していますし、短い時間での対応も可能になってきています。そのため様々な業種における金型作成では徐々に必要不可欠な存在になってきていると考えられる技術になってきています。

3dプリンター導入におけるコストの問題について

3dプリンターは安いものであれば数十万円での購入が可能です。しかしながら安く購入することが出来る3dプリンターの場合には完成品のクオリティが低くなってしまうという問題が存在しています。製造業で活躍することが出来る3dプリンターは多くの場合ハイエンドモデルであり、様々な素材で成型することが出来るのが特徴です。そのためコスト面を見ると非常に高いものになってしまうという特徴があります。導入しているのも中小企業レベルではまだ少数派であり、多くの場合大企業でなければ維持が難しいものであると言えます。しかしながら金型製作などの作業の一部を置き換えることによって大きなコスト削減と時間短縮が可能になっているというのも事実です。このような活躍が今後も広がっていくと考えられています。

3dプリンターを活用した場合のコスト削減事例

製造業の中には金型を作成して試作品を作る工程が存在しているケースも少なくありませんし、製品の作成にも金型が欠かせません。それらの作業のために逐一金型作成を行うと非常に長い時間とコストがかかってしまいます。そのような作業の一部を3dプリンターに置き換えることで大幅なコスト削減が可能になっています。かなり高性能な3dプリンターを使用する必要がありますが、従来通りの金型作成を行うのに比較して9割以上のコスト削減が可能になる場合があります。また必要になる時間の短縮もできる為、総合的なコストカットを実現するための手段としても期待されています。高性能な3dプリンターのコスト自体が高いのが課題ではありますが、運用次第では大きくコスト削減が可能になる技術なのです。