近年、世界的に3dプリンターが注目され、日本でも急速にブームとなっています。特に3dプリンターの精度も高まり、製造業の金型や加工現場などでも認知度が向上し、日本のモノづくり全体に影響を与えています。そもそも3dプリンターとは、樹脂や金属といった物体を、一定の層で何度も積層することで、形作る機器のことをいい、3dCADデータを3dプリンターに送ることで、物体が製造されます。通常、企業が製品を生産する前には、企画を考えてその企画に基づいてデザインし、生産するという過程が必要となります。従来はデザインから試作品を作り出す工程は、外注に発注していたため、コストと時間がかかっていました。3dプリンターを使うことで、社内で試作品を作り、デザインの検証を行うことができるため、開発コストを大幅に削減することが可能となります。

3dプリンターの技術向上と使用の拡大

もともとは、試作品の造形のために使用されていた3dプリンターですが、技術が進化したことで、素材も多様化し、試作品の製造以外での使用用途も広がっています。また、高性能なプリンターを使用すると、1ユニットを製造することも可能となり、複数のパーツを製造して組み立てるという人員やコスト、時間を削減できるようにもなりました。さらに、製造業のパーツ製造だけではなく、大量生産用の金型自体を製造することも可能なため、コストと時間を大幅に圧縮することも可能です。特に、製造業での使用実績は、全体の製造プロセスの中におけるパーツ製造や、修理品の使用、金型などの部品の製造に使用されています。またそのほかにも、航空宇宙産業や自動車、医療分野などにも使用されるようにもなっています。

製造業におけるコスト圧縮と品質向上のメリット

3dプリンターで製造するメリットには、圧倒的にコストを削減することができるという点にあります。こうしたさまざまな製造コストを削減することで、そのコストを新製品の開発や、技術研究などに振り分けることが可能となります。また、複数の部品を組み合わせて一つの部品にしている場合には、部品が一つ劣化することで、そのパーツ自体の劣化につながってしまいます。これが、3dプリンターで一つのパーツとしてはじめから造形すれば、接合部分の劣化という心配もなくなります。こういった技術は、世界ではすでに航空宇宙産業や自動車行では研究が盛んに行われ、すでに製造も行われている企業も出てきています。ただ日本では、まだ、試作品の製造として3dプリンターを導入というのが一般的で、いくらブームになったからといって、すぐに製造現場に導入されて、製造プロセスの一部が変わるという可能性は低いのが現状です。