3dプリンターで金型を製造するメリットには、品質・デザインの向上があります。設計者やデザイナーが、3次元モデルを手軽に出力することができることで、試作や検証の機会を増やすことができ、従来の製造技術では難しかったような形状の金型でも、作成が可能となり、競争力アップに貢献することができます。また、外注で試作品を作成すると、コストがかかりますが、社内で作成することができるため、外注コストを削減することができるため、開発コストを大幅に削減することが可能となります。そのため、開発者は、より多くの試作を行うことができ、新たな試みにもチャレンジしやすいという環境が生まれ、多くの試作品を生み出すことで、結果的によりより製品を作り出すことにもつながります。

開発プロセスの短縮によるメリット

従来の外注に試作品製作を発注する場合、数日から数週間かかっていたところを、3dプリンターで金型を出力した場合なら、数時間で出力が可能となります。外注に依頼した場合は、試作品ができてから確認を行うため、修正個所があった場合に、さらにそこから検討し試作品を何度も作り直す必要があるため、コストだけでなく時間もかかります。一方、3dプリンターを使って社内で試作品を作る場合には、必要に応じてその場で試作を行い、確認と修正を短時間で繰り返すことができるため、開発コストと時間を大幅に短縮することが可能となります。また、急な設計変更などにも対応できるので、設計と製造との連携がはかりやすく、市場投入期間を大幅に短縮することができるため、結果的に品質の向上にもつながります。

外部流出のリスクを低減させることができる

社内で金型を試作できることで、立体物を前にした打ち合わせが可能となります。そのため、スピーディーで、誤解のない意思疎通をはかることが可能となります。クライアントの中には、図面の専門知識のない人もいますから、立体物を目にした話し合いは、有意義なものとなるはずです。また、開発中の製品情報を、外部業者に預ける機会を減らすことができるため、設計仕様やデザインなどの重要な情報を、流出するリスクを低減することが可能です。また、3dデータを送信して、現地で出力することができれば、遠隔地との確認もスムーズに行うことができ、コミュニケーションの改善をはかることにもつながります。そのため、最近では、急速に製造プロセスに組み込み産業構造を変化させようと言う動きもあるため、導入していない企業との差別をはかることができます。